ご挨拶

私は奈良県五條市(旧西吉野村)で代々農業を営んできた生産者です。
高度経済成長期、大量消費社会に合わせようとする近代農業がもてはやされた時代「生態系がくずれる」「地力が失われる」など環境問題が叫ばれ始め公害や食品汚染が大きな社会問題となっていました。そんな中で、私は自然とともに農業を営む農法への転換を図りました。"生産と消費を直接結び、都市と田舎をともに考える。"生産者とお客様が繋がることで食の安心と安全をカタチにしていく。"この産直こそ自分たちが農業を事業として成立させていく為の基本であると確信し、今日まで邁進してまいりました。

この産直を事業として進めていく中で、「過疎に苦しみ減退していく産地を元気にし、日本の農業を発展させていく」「お客様に安心・安全な農産物をお届けする」そんな壮大な夢に向かって生産だけに留まらず、加工をする事業を仲間で立ち上げました。それが㈱オルトの母体である㈱パンドラファームグループです。自分たちが作る梅や柿をはじめ、全国の仲間が作る農産物を安心・安全を合言葉に加工し、お客様に直接届ける事業を展開してまいりました。

そんな中、農産物がお客様のもとに届くときには、画一された商品品質が求められ製品規格に合わない農産物は行き場もなく畑の肥やしになるしかない。そんな現状を見る中で、自分たちの作る農産物を全量消費してもらえないかという思いから2003年㈱オルトを立ち上げ、カット野菜への取り組みをスタートしました。
社名のオルト(ORTO)とはイタリア語で「菜園」を意味します。
"日本全国の産地から、旬の新鮮な野菜をお届けしたい。いつもお客様の側にある家庭菜園のように。"そんな思いから命名しました。

畑から食卓まで自分たちの力で安心・安全をお届けする。それが、私たちの使命だと思っております。

 

 

 

 

代表取締役 王隠堂 誠海

オルトの取り組み私たちが行っている取り組みについてご紹介します。

安心・安全な商品作り

野菜は全国の提携生産者から毎日届きます。工場ではHACCP(ハサップ)に基づいた衛生管理を実施し安心安全な商品の製造に努めています。

自然環境に配慮した製造

私たちの親会社である㈱パンドラファームグループは、循環型農業を実践しています。野菜をムダなく加工し廃棄部分を最低限にすることで環境に配慮した運用を行っています。

バランスの良い食生活のご提案

健康的な生活は、バランスの取れた食事からはじまります。現代人に不足しがちな野菜を、手間なく簡単に食べる手段としてカット野菜をご提案します。

PAGE TOP